名入れUSBアイテムで販促力アップ!

USBはパソコンのシリアルパス規格として誕生しました。現在はパソコンのほか、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスに標準搭載されています。世間一般に広く普及しているUSBですが、ノベルティグッズに活用される例も少なくありません。特に、企業や団体が配布するとき、名入れUSBメモリは販促効果が高いです。ここではUSBの規格とアイテムの種類、USBメモリを使ったノベルティのメリットをご紹介します。

USBを使ったアイテムの種類

●●

USBの規格を用いて作られるアイテムはさまざまです。ここでは、USBの定番アイテムからちょっと意外なアイテムなど、幅広くご紹介します。

USBとは

USB(Universal Serial Bus)は、コンピューターに周辺機器を接続する規格です。2000年にUSB1.0が登場して以降改良が加えられ、2017年3月にはUSB3.2が登場しています。初心者でも使えるデバイスで、ほとんどのパソコンに標準搭載されています。

USBメモリ

USBメモリ(USBフラッシュドライブ)は、半導体メモリを使った外部記憶装置です。2004年頃から急激にシェアを伸ばし、SDメモリーカードと並ぶ記憶媒体の地位を築きました。現在では1TB以上の大きな記憶容量があるものまで登場しています。また、USBメモリには駆動部がないため衝撃に強い点もメリットです。

モバイルバッテリー

モバイルバッテリーとは、スマートフォンの充電に使用する持ち運び可能なバッテリーです。USB接続を行い、繰り返し充電して使用できます。スマートフォン利用者が急激なペースで増加する昨今、多くの人の生活に欠かせないアイテムとなりました。大型で大容量の充電容量から小型ながら持ち運びしやすいタイプまで、モバイルバッテリーにはさまざまな種類が存在します。

USBスピーカー

パソコンやスマートフォンに接続するスピーカーもUSB規格が増えました。さまざまなガジェットに使用できることから汎用性が高く人気です。電源ケーブルを使わずに駆動するタイプも増えているため、屋外で使用するのにも適しています。また、持ち運びしやすいだけでなく高音質なものも増えているため、普段使いをするときにも使い勝手はよいでしょう。

懐中電灯

懐中電灯もUSB充電式のアイテムが増えています。電池を使わないため再利用ができる点でもおすすめです。手元での作業が必要なとき、万が一の災害時の備品代わりにと、さまざまな目的で活用できます。

充電ケーブル

USB規格の充電ケーブルは多いです。スマートフォンのみならず、デジタルカメラやタブレットなど、さまざまなガジェットの充電に使用します。パソコンの規格にUSBが採用されているため、充電ケーブルの規格も増えているのです。

名入れUSBアイテムのメリット

●●

USBを使ったアイテムは広く普及しています。これらのUSBアイテムに名入れを行うことで、さまざまなメリットを享受できるかもしれません。会社・団体が名入れUSBアイテムを作るメリットを見てみましょう。

目新しいノベルティ

これまでの会社・団体のノベルティはボールペンやクリアファイルが一般的でした。しかし、このようなノベルティでは他社と差別化を図ることができません。大きなサイズのアイテムはかさばるため、受け取る人から迷惑に思われてしまうこともあります。そこで、多くの人の目を引くおすすめのノベルティがUSBメモリです。
USBメモリを配布することで受け取った人に斬新な印象を与えられます。USBメモリ内に会社情報やプロモーションムービーを入れると、消費者への訴求効果もあるでしょう。会社や団体のロゴの見た目次第では、スタイリッシュなUSBメモリという印象もあるかもしれません。好感の持たれるノベルティになるはずです。

高い実用性

会社のパソコンに入っているデータを自宅へ持ち帰りたい、自宅と学校を往復してパソコンでレポートを制作したいなど、さまざまなニーズがあると思います。どこに行ってもパソコンやそのデータが必要な時代です。そんなときにUSBメモリが活躍します。
USBメモリは小型で持ち運びしやすいアイテムです。自宅や学校、会社間のセキュリティ対策は考えなければなりませんが、どこでもデータを持っていくことができます。実用性にも優れているノベルティなので、ロゴを見た利用者からは、好意的な印象とともに会社名を思い出してもらえるのでおすすめです。

長期的に活躍する

ノベルティの中には消耗品も少なくありません。たとえば、ポケットティッシュやメモ帳などはすぐになくなってしまいます。これでは長期的にノベルティを使ってもらえず、販促効果は一時的なものです。ただし、USBメモリは長期的に活躍するため販促効果に優れています。
紛失しない限りUSBメモリは何年も使用可能です。耐久性も優れているため、めったなことでは壊れないでしょう。消費者からは便利なUSBメモリという好意的なイメージに加え、長期間ロゴを見てもらえます。長きにわたって販促効果があるばかりか、そのたびに会社のイメージもアップするはずです。

名入れUSBが活躍するシーン

●●

名入れUSBはどのようなシーンで活躍するのでしょうか。ここでは、USBメモリを例に定番の利用シーンをご紹介します。

卒業記念

学校の卒業時、卒業記念品を配布するケースも珍しくありません。このとき、USBメモリがあれば学生たちも学校生活を思い出すでしょう。ロゴを入れた卒業記念のUSBメモリは喜ばれるはずです。

社員配布用

会社の周年記念でUSBメモリを配布する機会もあると思います。ビジネスシーンでの実用性も高いですが、記念のノベルティを配布できる会社に所属していることに対し、社員の士気も向上するはずです。

販促グッズ

企業のイベントや街頭での販促活動など、ノベルティを配布することもあるでしょう。このとき、USBメモリを配布すると話題性も高いと思います。大勢への配布は難しいですが、USBメモリを活用してください。

企業説明会のノベルティ

企業説明会に訪れた学生や中途採用者向けに、USBメモリを配布することで採用活動を優位に進めることが可能です。データを使うことで会社情報を詳細に紹介できるので、企業説明会の参加者の意欲も高まるでしょう。

教材に使用

USBメモリに教材のデータを入れて活用する方法もあります。データを使って勉強する方法もあるため、自宅での学習が必要なものなどを入れておくとよいでしょう。塾やカルチャーセンターなど、学校以外でも活躍します。

出産メモリアル

お子さんが生まれたとき、誕生記念の名入れUSBメモリを配布する病院やクリニックもあります。妊娠中のエコー動画や出産時の写真など、出産記念に使えるアイテムです。人生の大事なイベントの思い出として残るでしょう。

セキュリティ対策

近年、セキュリティ対策機能があるUSBメモリも誕生しました。個人情報保護が重要な時代ですからセキュリティ対策は欠かせません。企業名やロゴを入れることで万が一のトラブルも防止できます。

名入れのUSBメモリは企業や団体が配布するのにピッタリです。学校の卒業記念品や販促グッズ、企業説明会のノベルティなど、さまざまな目的で活躍します。今までのノベルティとは異なる目新しさや実用性、長期間使えるというメリットがあるため、利用者に好意的な印象を与えられるケースは少なくありません。パソコンが普及している今の時代、ノベルティとしてのUSBメモリの価値は高いです。会社や団体でノベルティをご検討中の担当者様、ぜひ名入れUSBを活用してみてください。

お見積依頼から商品のお届けまで

ご注文から名などの加工を経た納品ご注文から名などの加工を経た納品

見積依頼・ご注文は
36524時間受付

お電話でもご注文、商品選定のご相談(概算見積)を受け付けております。

042-386-7350

FAXでもご注文・お見積依頼を受け付けております。

FAX注文用紙ダウンロード見積依頼用紙ダウンロード

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

ノベルティ、販促品のご相談・お問い合わせ