ノベルティを制作配付する際のメリット

はじめに

女性

時にコレクターズアイテムとしても注目されている「ノベルティ」というものをご存知でしょうか。ノベルティとは、企業が自社の宣伝のために作成するアイテムのことで、日本では古くは江戸時代から浸透していた文化です。非売品であるために、タイミングが合わないと受け取れないこともあり、企業によってはノベルティ自体に商品価値が生まれるものもあります。こうしたノベルティの作成には多くの企業が関心を寄せているのです。
今回は、ノベルティの作成を検討している方に役に立つ情報をご紹介いたします。

ノベルティを作るメリットとは

ビジネスマン

ノベルティを作成するメリットとして真っ先に挙げられるのが、販促と宣伝効果です。 この効果は、ノベルティを上手に作成することによって、企業側の予想をはるかに超えることもあります。売りたい商品のアピールはもちろん、自社の認知度を上げるうえで、無料で配布したとしても有り余る利益を生み出す可能性があるのです。

グッズ

ノベルティに関する知識は今や一般の人々にまで浸透しています。そのため、同じような商品を購入しようとする場合、ノベルティの有無や内容によって購入を決めるということもあり得ます。
例えば、缶コーヒーにお気に入りのキャラクターグッズがノベルティとしてついている場合があります。缶コーヒーであれば味にはさほどこだわらず、何でもいいと思っている人ほど、そのグッズに惹かれて購入を検討するかもしれません。

ノベルティグッズ

このように、ノベルティには自社の製品の魅力以外でも人々の心をとらえることができる可能性も秘められています。また、一度ノベルティを手にしてから、次にまた新しいものが出た場合に、自然と集めたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。そうなれば、次にいつ新しいノベルティグッズが出るのか、その企業のホームページなどをチェックしてくれるかもしれません。また、気に入ったものほど愛用品として日常的に使用したり、家に飾られることで、多くの人の目に留まる機会につながるのです。

無料で配ることに抵抗を覚えるかもしれませんが、その宣伝効果や実際の販売による利益を考えれば、決して無駄な投資ではないことに気づくでしょう。

ノベルティの必要性

会社

ノベルティの配布を実施する企業もあれば、全く作成しない企業もあります。ノベルティが必要かどうかは、企業の目的が大きく関係します。
例えば、ある程度の固定客がいれば商売として十分に成り立つという場合には、それ以上企業の宣伝をする必要はないかもしれません。また、より専門性の高い企業になると、不特定多数の一般の人々に自社の名前や作成している商品の紹介をしてもあまり意味がないでしょう。

ノベルティグッズ

そのため、売り上げを上げる目的というよりも、今後の発展のためにひたすら企業名を知ってもらいたいという目的がある場合には、ノベルティの作成と配布は大きな効果をもたらすはずです。
このように、ノベルティの必要性は、その目的と配布するタイミングで変わってくるといえます。

ノベルティにはこんな種類がある

各企業は趣向を凝らしてノベルティを作成しています。では、実際にノベルティの種類をいくつかご紹介していきます。

定番な商品

ペン

定番なものとして挙げられるのが、タオルやボールペン、付箋などです。これらに共通するのは、消耗品であるためにほとんどの人が必要とするもの、あるいは今後必要とされるもので、なおかつ商品一つ一つの価格が安価なことです。
こうしたノベルティは、主に特定の層に限ることなくすべての層にアピールしたいと考える場合に有効とされています。

人気な商品

ノベルティ

ノベルティとして人気なものの中に、「便利性があり、手元に複数個あっても困ることはないが、わざわざ買うほどのものでもない」という絶妙な商品があります。それは、スマホタッチペンやクリーナー、キーホルダーなどです。 これらがノベルティグッズとしてもらえるのであれば関心を示す方も多いでしょう。さらに、どのような企業がノベルティを配布しているのかにも自然と目が向くものです。

また、それほど頻繁に買い替えるものでもないため、使っている本人がさほど意識していなくても使用頻度が高いものとなる可能性もあります。

季節商品

うちわ

季節柄必要とされるアイテムを、時期に応じて提供するのも良い方法といえます。 例えば冬の時期には、体を温めるカイロなどに自社の名前や新商品の宣伝などを添えて配布すれば、人々の関心を惹きつけるでしょう。 雨の多い時期には、ビニール製のレインコートや傘などに企業名やロゴを入れて配ることもできます。

また、夏の暑い時期にはポータブルファンやセンス、うちわなど、暑さ対策としてそのまま使えるようなものを配布することもできます。 お花見などのレジャーの季節にはレジャーシートなどをノベルティとして準備すると良いかもしれません。

世代

このように、企業が客層として注目している世代の人たちが何を必要としているかに焦点を絞って作成することも大切でしょう。よく考えて準備し、作成することによって、その企業ならではのノベルティに仕上がる可能性が高くなり、より大きな宣伝効果も期待できます。

ノベルティを作る際の注意点

リスト

様々な選択肢があるノベルティづくりですが、注意しなければならない点もあります。
その1つは、素材となるアイテムに企業名などを入れる許可が下りているかどうかという点です。ファイルなどのアイテムにも、それを製造している企業があります。その企業のポリシーから反するものの宣伝に用いられることがないように、商品そのものに名入れすることを許可していないものも多数存在するのです。 こうした点を確認することなく、ノベルティグッズを作ってしまうと、その素材となるアイテムを販売している企業とトラブルになりかねません。物理的に企業名を入れることは可能だとしても、権利問題として難しいケースもあるため、よく確認しておきましょう。

パソコン

また、もう一つ考えるべき点として、ノベルティが粗品であるかどうかです。
なぜ粗品でなければいけないかというと、粗品を超える価値のあるアイテムであれば、贈与税の課税対象となりかねないからです。
粗品であるかどうかの基準は、税務署が判断することになります。万が一、数万円ほどの素材を用いてノベルティを作成しようとするのであれば、まずは課税対象になることがないかを十分に確認しておきましょう。確認を怠って、あとから粗品でないと判断された場合は、脱税したのと同じにみなされてしまいます。高額な税金を納めることにもなりかねません。

ノベルティ

ノベルティグッズを作成する際にも注意しなければならないことがあります。
これらを踏まえておけば、トラブルの原因となることなく、効果的なノベルティを作成することができることでしょう。ノベルティは高額な素材であれば確実に効果があるというほど単純なものでもありません。受け取った相手が笑顔になるようなグッズを作成できるように、前もって十分に計画しましょう。

効果が期待できるノベルティを作るには

ノベルティは非売品であるため、高値で取引されることも多くあります。その結果、企業としては、ノベルティが希少価値を生み、商品価値すら生み出すことで更なる宣伝効果を期待することができます。では、高値の取引が期待できるノベルティにはどんなものがあるのか、お伝えしていきます。

キャラクターとのコラボアイテム

キャラクター

キャラクターとコラボしているノベルティを作成するためには、キャラクターの使用許可などを得る必要がありますが、キャラクターのファン層を取り込むことにもつながります。 しかも非売品という限定品であるため、プレミア価格がつき高値で取引されることも少なくはないです。流行のアニメのキャラクターにするのか、あるいはみんなに親しまれている人気キャラクターにするのか、選択肢はたくさんあります。選ぶキャラクターによっても、興味を引く顧客の層が変わってくるでしょう。

もともと高価なアイテム

財布

ノベルティとして認められる範囲内で高額なアイテムにすることも、高値で取引されるためのポイントになります。
例えば、名入れが可能な革細工で作られた財布やキーホルダーなどです。素材となるアイテムそのものの価値に企業ブランドが付加されることで、高値で取引される可能性があります。
また、鏡やライト、ワインオープナーなど、それなりのものを使用したいと思っている方にとっても、こうしたアイテムは非常にうれしいものとなるでしょう。

期間限定のアイテム

カップ

期間限定で作成したノベルティも付加価値を生みやすいものとなります。
例えば、クリスマスやバレンタインなどのイベントに合わせて作成した場合、まさにその年のその時期に、特定の条件をクリアしなければ手に入らないものも多く、争奪戦となることもあるでしょう。季節による限定感が強い商品は、後々にプレミアがつく可能性も多くあります。

企業独自のデザインのアイテム

デザイングッズ

企業独自のデザインのステッカーなどは、ノベルティの中でも非常に人気の高いものです。
時期によってデザインを変えることで、以前のものは二度と手に入らない貴重なものとして認知されます。さらに、定期的にデザインを新しくして配布することによって、「何とかコンプリートしたい」というコレクター心理をくすぐることになり、高値で取引されることもあるでしょう。

握手

 後々も話題となるほどのノベルティを作成することに成功すれば、配布が終了した後でも高い宣伝効果を生み出しているといえます。そのため、顧客の心理まで考えたアイテムを作成することが大切です。
ノベルティの目的は高値で販売することではありません。しかし、せっかく作成するのであれば、多くの人が欲しいと思えるようなものを考えていきましょう。

まとめ

笑顔

ノベルティは、日本で流通し始めた江戸時代から長きにわたり、人々をわくわくさせたり、手に入れたいと思わせてきました。今でもそうした基本的な役割は変わらないといえるでしょう。
企業の宣伝や商品の認知度を上げ、さらには実際の売り上げの向上などの実益も生み出すためには、単なる宣伝にとどまらない、考え抜かれたノベルティが必要となります。 安価な中でも工夫を凝らし、それを受け取った一人一人の笑顔をイメージしながら作ることが、効果的なノベルティを生み出す秘訣といえるのかもしれません。

お店がどっとこむ公式ブログ

オリジナルミンティア

刺繍名入れ特集

啓発物品(啓発グッズ)

カテゴリ毎の特徴

販促品・ノベルティの豆知識

お得な特価商品のご案内

オリジナルボックスティッシュ

街頭配布・ばらまき粗品

お見積依頼から商品のお届けまで

ご注文から名などの加工を経た納品ご注文から名などの加工を経た納品

見積依頼・ご注文は
36524時間受付

お電話でもご注文、商品選定のご相談(概算見積)を受け付けております。

042-386-7350

FAXでもご注文・お見積依頼を受け付けております。

FAX注文用紙ダウンロード見積依頼用紙ダウンロード

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

ノベルティ、販促品のご相談・お問い合わせ