世界にも注目される日本の2大タオルブランド!
「今治タオル」と「泉州タオル」の違い

はじめに

タオル

日本には今治と泉州というタオルの2大産地があり、その品質の高さは世界的にも広く知られています。 今治タオルと泉州タオルには、明治時代に海外から輸入されたタオルに目を留めた日本人が、それぞれのタオルを作り始めたことが起源になっているという共通点があります。一方で、それぞれの特徴やこだわりの違いがタオルへと強く表れています。
今回は、2大産地が産み出した今治タオルと泉州タオルについてお伝えしていきます。

今治タオルの歴史

今治

今治では、瀬戸内海に面した温暖な気候と少ない降雨量が綿花の栽培に適していたため、江戸時代より綿栽培が盛んでした。そして、1801年(享和元年)頃に九州の絣織物を手本として誕生したのが「伊予絣(いよかすり)」です。一方、江戸後期には、農家の副業として発達した「伊予木綿(いよもめん)」の生産を藩が督励したことにより、全国的に広がりをみせました。その結果、今治は綿織物の一大産地として知られるようになるのです。

木綿

しかし、明治時代になると他の産地から安価な木綿製品が全国へと出回るようになり、伊予木綿も徐々に衰退していきました。そこで、今治の綿織物の伝統を引き継いで登場したのが「綿ネル」です。「ネル」とは「フランネル」の略称で、片面だけ起毛させた丈夫な綿織物のことを言います。 1886年(明治19年)に、矢野七三郎が和歌山で生産されていた綿ネルに改良を加え、伊予木綿に替わる織物として「伊予綿ネル」を今治に広めました。これにより、伊予綿ネルは伊予絣(松山絣)とともに愛媛を代表する織物となり、今治の繊維産業にも再び活気を取り戻させたのです。

タオル

その後、1894年(明治27年)に、綿ネル業者であった阿部平助は、他の地域の改造織機を用いて今治でもタオルの製織を開始しました。これが「今治タオル」の誕生です。そこから100年以上にわたって、今治では地場産業としてタオルが作り続けられています。

泉州タオルの歴史

大阪

1885年(明治18年)、大阪で舶来雑貨商を営む新井末吉はドイツ製タオルを入手し、日本でも需要が見込めると考えました。日本国内へのタオルの輸入は以前から行われていましたが、タオルは当時高価であったため限られた上流階級にのみ襟巻として用いられていたといわれています。

日本

その製織の研究を、泉佐野市の白木綿業者である里井圓治郎に奨めたことにより、「泉州タオル」が誕生したのです。 里井圓治郎は、苦心の末、1887年(明治20年)に筬のテリーモーション(現製織法)によるタオルの製織に成功し、カルキで晒したことで「後晒しタオル」を生み出しました。生成りのまま織り上げ、タオルの形として出来上がったものを染工場で綺麗に白く晒すため、「あとさらし」と言います。この後晒しタオルの製法を長きにわたり守り続けてつくられているのが、泉州タオルなのです。

その後、泉州地域は「日本タオル産業発祥の地」として技術を育み、発展していきました。 そして、1906年(明治39年)、タオル同業者25名が集まり、里井圓治郎が初代会長となった「佐野タオル共同会」が発足しました。これが「大阪タオル工業組合」の始まりです。こうして、泉州タオルが地域ブランドとして全国に普及していったのです。

今治タオルの3つの特徴

吸水性

水

今治タオルの品質基準は、とても厳しいものです。「洗わなくても、使い始めから水を吸うタオル」であることが大前提とされ、タオル片が水中に沈み始めるまでに要する時間(沈降法)が5秒以内と定められています。

これには、「未洗濯」と「3回洗濯」の2回の検査に両方とも合格する必要があります。汗や水分を素早く吸収するため、スポーツの後に汗をぬぐってもお風呂上りに体を拭いてもべたつかず、お肌にもやさしいのが特徴です。

やわらかさ

タオル

今治タオルは通常のタオルより、タテ糸とヨコ糸の密度を甘くすることでややコシを抜いた生地に、甘撚りのリングコーマ糸を組み合わせて織り上げています。というのも、ループ状に織りこまれたパイル糸は、洗濯し乾燥する度に少しずつよじれが強まり固くなっていきます。撚り(より)の甘い糸はこのスピードが遅くなるため、洗濯時に柔軟剤を加えなくても生地が硬くなりにくく、綿が本来持っているやわらかさを持続させることができるのです。

品質の良さ

今治タオル

今治で製造されたタオルが全て今治タオルとして認定されるわけではありません。安心・安全な品質を確実に保証するため、「四国タオル工業組合」が定める独自の認定基準に合格した商品だけが、「今治タオルブランド 認定商品」としてブランドマーク&ロゴを使用できます。

綿花

また、原材料となる綿花はタオル品質の大きな決め手ともなります。今治タオルメーカーでは、商品のタイプや用途に合わせ、高い品質を誇る綿花を厳選しています。最近では化学薬品を使用せず作られたオーガニックコットンの今治タオルも販売されるようになり、肌刺激が少なく、自然環境にもやさしいのが特徴です。
こうして、厳しい基準をクリアしたものだけが、今治タオルとして全国に広まっているのです。

泉州タオルの3つの特徴

吸水性

タオル

タオルを織りやすくするため、ノリやロウなどで綿糸の強さを増し、すべりをよくするのが一般的です。そのため、織りあがったままのタオル地は水をはじき、吸水性の悪いものです。しかし、泉州タオルは、漂泊や水洗いをする「さらし」の工程が織り上がった後で入ることにより、ノリが洗い流されて吸水性のよいタオルになります。こうして、綿が本来もつ優れた吸水性をいかした理想的なタオルが作られるのです。

清潔さとやさしい肌触り

タオル

後晒しの工程で、製織の際についたほこりや汚れなど、様々な不純物が洗い落とされるため、とても清潔です。おろしたてのタオルも、安心してそのまま使うことができます。
また、タオルに触れるだけで実感できるほど、ふんわりしたやわらかさや心地よさが特徴です。このふんわりした感触を作り上げるためにも、仕上げ加工が重要になってきます。泉州タオルの工場では、環境へ最善の配慮を施し、用途に合わせた最適な仕上げ加工を1枚ずつ丁寧に行っています。

赤ちゃんや敏感肌の方でも、そのやさしい肌触りに安心して満足することができるでしょう。

JAPANブランド「泉州こだわりタオル」

泉州こだわりタオルは、手になじみ、吸収性がよく、華美な装飾をしないシンプルなものです。毎日使うタオルだからこそ、飽きがこなく長く愛され、生活に溶け込むことが必要とされます。
また、泉州こだわりタオルは厳しい検査基準をクリアした商品のみに認証された安心・安全・高品質なブランドです。山地メーカーならではのこだわりをもった、泉州の後晒しタオルに適した原料を厳選しています。日本のタオル産業発祥の地である泉州より、後世に伝えられた匠の技術とこだわりで仕上げられたものが、地域ブランド「泉州こだわりタオル」なのです。

2大ブランド「今治タオル」と「泉州タオル」の違い

今治と泉州

川

タオル作りでは、糸や生地のさらし、染め、ノリ付け、ノリ抜きといった各工程において、多くの水を使用します。その点、今治タオル産地には、高縄山系を源流とする蒼社川の伏流水や、西日本最高峰の霊峰石鎚山より流れ出た地下水など、豊富な水資源があります。

これらは極めて不純物が少なく硬度成分も低いため、晒しや染めに適した良質な水です。この良質な軟水は、繊細かつやわらかな風合いや鮮やかな色が表現できるといった、綿糸や生地の白度や発色、やわらかさと大きく関係します。こうして、染色技術が向上し、今治には国内最大規模のタオル産地が形成されました。
今治のタオルづくりとその品質を支えているもののひとつに、美しく豊富な水資源があるのです。

山

一方、泉州タオルは、和泉山脈の豊富な水源に支えられています。伝統の後晒し製法により仕上げられるタオルは、独特の心地よい風合いと高い吸水性が特徴です。薬品をほとんど使わずに製品化するなどの改良を重ねたことにより、その品質の高さから企業の贈答品向けの生産などが増えています。

また、泉州タオルの産地である大阪泉州では、「タオル王国OSAKA」として地域をあげて振興を進めています。タオル王国OSAKAは1989年(平成元年)、大阪タオル振興協議会が市民と一体となり設立されました。この国際都市にふさわしい自主文化の創造と地域活性化を目指した取り組みは、大阪泉州の繊維産業を支えるものとなっています。

製法の違い

女性

タオルの工法には「先晒し」と「後晒し」の2つがあります。この2つの工法が、今治タオルと泉州タオルの大きな違いにもなります。 タオルの糸はもともと生成り色をしているため、通常のタオルとして売られている製品のように真っ白ではありません。この生成り色の生地を白くするために、糸の段階で白く染めてから水に晒し、織り上げることを先晒しと言います。

一方、糸にノリをしっかりとつけてから織り上げ、タオル生地になった後に晒して白く加工するのが後晒しです。今治地方では主に先晒し工法、泉州地方では主に後晒し工法が用いられています。これらの製法は現在に至るまでの長いあいだ、今治タオルと泉州タオルをそれぞれ作り上げる土台となっているのです。

まとめ

泉州タオル

今治タオルと泉州タオルは日本国内のタオルメーカーとして2大ブランドの位置を確立しています。一時期価格も安い外国産タオルが出回るようになったことで苦戦を強いられたこともありましたが、現在では本来の綿が持つやわらかさや吸水性を引出す製法で作られた国産タオルが見直されています。

今治タオル

そうしたなか、2大産地である今治と泉州は、ともにそれぞれの特徴を活かしたタオル作りを磨き上げ現在に至っているのです。これまでお伝えしたように、今治タオルと泉州タオルにはそれぞれの特徴や良さがあります。

また、タオルの種類や、使用する状況も様々なものがあるはずです。そのため、大切な方への贈り物や、お歳暮やお中元などの年間行事といった、ぞれぞれの用途に合ったものをお選びいただくのが1番でしょう。ぜひ、ぴったりのタオルを見つけてください!

オリジナルミンティア

国産!オリジナル保冷剤

オリジナルカーサンシェード

カテゴリ毎の特徴

販促品・ノベルティの豆知識

お得な特価商品のご案内

オリジナルボックスティッシュ

健康啓発物品(健康啓発グッズ)

街頭配布・ばらまき粗品

お見積依頼から商品のお届けまで

ご注文から名などの加工を経た納品

見積依頼・ご注文は36524時間受付

お電話でもご注文、商品選定のご相談(概算見積)を受け付けております。

042-386-7350

FAXでもご注文・お見積依頼を受け付けております。

FAX注文用紙ダウンロード見積依頼用紙ダウンロード

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

ノベルティ、販促品のご相談・お問い合わせ