カテゴリ一覧

行事や各イベントに合わせたノベルティ・販促品・記念品をご提案

卒業記念品や創立記念、販売促進用など用途は様々!名入れでオリジナルギフト!

名入れの活用法 - こんな商品にはこんな名入れ

名入れでオリジナルギフト!

当社では、「マグカップ」や「バッグ」、「ボールペン」などの素材に名入れして、オリジナルギフトをお作りすることができます。
入学や卒業の記念品として用意されたり、お店から感謝の気持ちとしてお配りするプチギフトを作るなど、用途は様々です。
特にただ渡すだけでなく、オリジナル感のあるものを送りたいシチュエーションなどに最適です。

名入れに不向き?な商品

ただし、ほとんどの商品に名入れは可能ですが、「ハロウィン」や「クリスマス」などのデザインが施された季節にまつわる商品に名入れすることはあまりおすすめしておりません。
あらかじめデザインがされているものに名入れをするなると、デザインを重ねてしまう形になってしまうからです。 印刷自体は可能ですが、名入れをする意味がなくなってしまいます。

おすすめはシンプルな商品

シンプルなものに名入れをすることによってインパクトとオリジナル性をもたらすことができますので、名入れをされる場合はシンプルな商品がおすすめです。
また、柄が描かれている「ブランケット」などを贈る場合には、名入れではなくのしを付けて送る方が好ましいです。
ご依頼いただけましたら、包装紙でラッピングし、さらにのしをお付けしてギフトとして配送することも可能です。

名入れでできること

絆創膏」と「綿棒」のセットや、「あぶらとり紙」などもコンパクトで携帯でき、お値段的にもそんなに高いものではないので名入れに最適です。
名入れの際には、大体会社名を入れたり、電話番号を入れたり、ホームページのアドレスを入れたり、QRコードを入れられる事が多いです。
中には、自分たちのお店のサービスを入れたり、パッケージを全部オリジナルのデザインにされるお客様もいらっしゃいます。
また、ノベルティの裏面に地図を入れたり、「あぶらとり紙」や「絆創膏」のパッケージ自体をクーポン券にするような使い方も。

このような企画は、こちら『配布アイテム特集』のページで詳しくご案内しておりますのでぜひご覧ください。



素材にマッチした印刷方法を

シルク印刷のメリット/デメリット

名入れはいくつかの印刷方法がありますが、特に1色印刷に関しては対応可能な幅も広く、価格もお手ごろな『シルク印刷』をおすすめしております。
デメリットを上げるとすれば、それぞれ別の色の版を重ねてゆく印刷方法のため、平らなプラスチック商品のように形状がしっかりとしているものだと2色でも3色でも印刷は可能ですが、位置を固定できないもの、例えば「ブランケット」のように柔らかく位置合わせができないものは単色のみの印刷になります。

布製品への名入れ

ブランケット」も他の布製品も、シルク印刷では2色以上となると困難だったのですが、『昇華転写印刷』対応の布製品が増加し、カラー印刷の幅が大きく広がっています。
昇華転写とは、専用のインクで印刷されたシートを熱によって気化させ、密着した素材に染めこむという印刷方法で、フルカラーの写真なども、ブランケットやタオルなどにプリントすることができます。
そして、布製品への名入れ方法として、素材ならではのおすすめが刺繍による名入れです。
刺繍の作業は、当社では行っておらず『海外への別注』になります。2色でも3色でも可能で、機械での作業になります。納期は60日、発注可能な数は商品によって異なります。



商品によっては印刷方法の向き不向きがあります。お値段も商品により変わってきますので、色々な印刷方法がある中にもメリット・デメリットが両方あり、それを判断しなければなりません。

ご相談ください

このため、印刷方法に関しましては、1度当社にご相談いただけますと幸いです。当社からベストな印刷用法をチョイスしてご提案をさせていただくという流れが1番良い方法だと思います。当社のスタッフも経験豊富なプロですので、安心してお任せください。
また、当社の他にも色々な方法で行っている企業もございますので、一概には申し上げられませんが、恐らく2~3割は他社よりお安いお値段で承っていると思います。大量発注をされるなら、当社がおすすめです。



特殊な文字なども印刷可能!

印刷物により異なりますが、データの形式を「.pdf」でお送りいただけましたら、特殊な文字であっても印刷できる可能性が高いです。特に、文字のアウトライン化の作業を行われていれば大丈夫です。当社でもイラストレーターを使って作業をしておりますので、イラストレーターで再現できることは大体が対応可能です。
ただし、一部印刷が難しいものがあり、素材的な問題で、表面が凸凹しているものや目の粗いものは印刷をしても綺麗に再現できない可能性があります。

ご料金に関しましては、データを見た上で判断いたしますので、1度拝見しないと何とも申し上げられません。
名入れは、データをいただいてから版を起こす作業を行うため、その版を起こす初期費用が5,000~10,000円ほどです。データをいただいた段階で懸念点などがあれば、その時点でお伝えいたします。



合成で作成前のデザインチェックもできます!

お客様のご希望がございましたら、印刷したい商品とデザインのデータを合成してパソコン上でお出ししております。このデータによって、作成前にデザインの確認をすることが可能です。
サンプルを1つ作って確かめるとなりますと、別途料金が発生いたします。別途料金がかかる旨をご了承いただけましたら、サンプルの作成も承っております。
ただし、5,000個や10,000個のように大量発注をご希望される場合は、当社から無償でサンプルをお渡ししております。発注数が多い場合、イメージとの相違があると後々大変になってしまいますので、無償サンプルでご確認をお願いしております。ご確認していただいた上で正式に量産するという流れです。

名入れに関しましては、この他にもこのページの右サイドメニューからのリンクで、当店ブログにて様々な具体例を用いて、わかりやすく解説しております。
併せてごらんください。



FAX注文 FAX見積依頼
小ロット名入れ はじめての名入れ
お店がどっとこむ公式ブログ ノベルティ人気ランキング 販促品・ノベルティの豆知識

お見積依頼から商品のお届けまで

ご注文から名などの加工を経た納品ご注文から名などの加工を経た納品

見積依頼・ご注文は
36524時間受付

お電話でもご注文、商品選定のご相談(概算見積)を受け付けております。

042-386-7350

FAXでもご注文・お見積依頼を受け付けております。

FAX注文用紙ダウンロード見積依頼用紙ダウンロード

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

ノベルティ、販促品のご相談・お問い合わせ